BLOG

【ブログ】フロッグでアフターのバスをゲット。ケネディー電機もご納得。

ファイトクラブの会場を視察がてら。

なつかしの「ケネディー電気」界隈を散策してまいりました。

えっ?ご存じないですか?

あの、「ケネディー電気」ですよ。

IMG_1950

大丈夫。そんなに、迷惑はかけていないと思うから…。

いつもながらに、シュールな雰囲気を漂わせていました。

IMG_1952

フロッグ一個を持って、その昔に通いなれた、ケネディー周辺の水路を一回りしました。

それにしても、GWのなか日。平日だというのに、人が多いなぁ。ヘラの人もアチコチに。

目立つポイントは全て人が立っていたので、一番釣れるピンスポットへ直行。

開始。2投目。

あっという間に、釣れました!

DSC_0272

水門の上からフロッグを転がしてきて…。ポチャン…。スーッと流れて。クイクイッと渦を巻き始めたら…。水中に消しこみました。

メジャーを忘れてしまったのですが、40センチくらいです。

DSC_0268

今の時期らしい、少し痩せた魚体ですね。動かずに食べれる、田んぼから流れてくる栄養を摂取しているところでしょう。今気がついた。吸殻落ちてたな。拾って来れば良かった。

「マッディースラップ炸裂!」と、言いたいところですが、残念ながら金型用のプロトは明日届く予定なので。

これは、「マッディースラップ」を作る際に、大いにインスパイヤされた、某フロッグです。

このフロッグは、私が考えている「マッディーウォーター コンセプト」を、強く体現しているルアーだったので、

これを遥かに凌駕すべく、悪いところを直して、いい所を伸ばして、さらに、幾つかの要素をプラスして。

出来上がったのが、「マッディースラップ」なのです。

やはり、マッディーウォーターには、この感じが効くんだなー。

また、来週。届いたサンプルを持って、朝錬に行って来ようと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る