BLOG

【ブログ】マッディースラップ。ラインについて。

もう、あたりまえ過ぎる話になってしまうかも知れないが、

フロッグルアーを快適に使用するには、ラインはPEラインがベストだと思う。

ルアーの動きはナイロンの方が、ゆったり左右に大きく動いたり、フロロカーボンの方が、上下の動きが大きく出たりして面白い。

しかし、オカッパリでもボートでも。カバーに打ち込むことが前提のフロッグルアーは、葦やガマ、倒木やオーバーハングに、ラインが絡んだりすることが多い。

その都度、近づいていってルアーを外していたのでは、リズムが崩れて釣りにならない。

その点、PEラインならば、「ばさぁー」と引っ張って、ルアーを強引に回収しても、ラインは切れないし、

ナイロンのように、「びよぉーん」と伸びて、「ばひゅーん!」と、ルアーが殺人弾丸と化す事もない。

私はコーティングタイプのPEを使っているのだが、8本編みのモノであれば、そこはこだわらなくてもいいと思う。

4本編みや、密度が低くザラザラした質感のPEラインは、結構切れる。

ポンド数は50lb-5号。

スパイダーワイヤー

40lb-4号以上であれば問題はないと思うが、3号だと強引に引っ張ると、枝などに擦れて、切れるときもある。

細いほど飛ぶので、小さいフロッグには40lbで十分かもしれない。

スナップは、そこで、壊れてしまったり、余計なモノが引っかかったりする可能性があるので、使用しない。

直接PEラインをフロントアイに結ぶ。

ノットはパロマーノットが、早くて丈夫で使いやすい。

最後にハーフヒッチをして、ラインの端をライターなどで焼いて、滑って抜けないようにコブを作っている人も多い。

しかし、面倒なので、私はやらない。普通に切って、抜けが心配な時には、アロンノットにしている。

アロンノットとは…。アロンアルファーを結び目に一滴。これで、絶対にラインは滑らない。リーダーを結ぶときにも使える裏技である。

フロッグ専用でタックルを用意するのが面倒だというのであれば、PEラインのタックルでハードベイト全般をやっても構わないと思う。

トップウォーター、クランクベイト、スピナーベイト、バズベイト、チャターベイト、そして、フロッグ。

少し乱暴な意見かもしれないが、私はオカッパリで一本しか持って行かないときは、PEラインで全てをこなしてもいいと思っている。

何しろ、ルアーが無くならなくていい。クランクなどはフックが伸びたりして回収できることも多い。

ただし、PEラインは浮力が高いので、クランクベイトは余り潜らなくなってしまう。それが、ちょうど良かったりもするのだが。

もし、これを読んで興味が出たら、是非ともPEラインでハードベイトをやってみてください。

ルアーロストが少なくなると、釣具屋さんとしては困るのですが…。

関連記事

ページ上部へ戻る