BLOG

【ブログ】マッディースラップ。ロッドについて。

先日、「PEラインでハードベイト全部ができる!」。

なんて、言い切ってしまったから、ロッドも専用のモノを用意したほうがいいなんて、言いにくくなってしまう。

まぁ、でも。フロッグに使うロッドは、投げやすい方がいい。

「魚をカバーからブチ抜いて!」と、釣れた時の事を想像してしまうと、ガチガチの棒のようなロッドが必要な気もしてくる。

でも、その前に。カバーの奥の奥にキャスティングで「すぱぱぱぁーん。」と、打ち込めなくては何の意味もない。

まずは、ロッドの長さが重要。

身長の高さや、バスボート、レンタルボート、オカッパリ、などと、水面からの高さが変わるので一概には言えないが。

力を抜いた状態で、サイドハンドでキャストをして。水面ギリギリを、ロッドティップが滑るようにキャストできる、そんな長さがベストだと思う。

私の身長は174cmなので、足場がそこまで高くないオカッパリや、レンタル、ジョンボートの高さだと、6.5ft(192.5cm)以上、6.8ft(200cm)以内くらいが使いやすい。

そして、ロッドの硬さは、背負えるルアーの重さに合わせる。フロッグは1/2oz前後が多いので、MH(ミディアムヘビー)、H(ヘビー)くらいが使いやすいと思う。

カバーが濃いところから、引っ張り出すようなポイントが多いのなら、硬めを選ぶ方がいいだろう。

そして、肝心なのが。

しっかりと、フロッグの重みでロッドが曲がって、正確に、低い弾道で、勢い良くルアーが飛んでくれること。

そうすれば、自然とスキッピングしながら、ポイントへと滑り込んでくれるし、

フッキングの際もロッドが曲がることで、魚の口の中をフロッグがスライドして、確実にアゴに針を突き立ててくれる。

現在、オーパフィッシングタックルで、新しいロッドのラインナップを製作中。

詳しくは、また機会を見てお話しますが、名前は「Wind Caster ワインド キャスター」です。

「Wind ワインド」とは、「巻く、巻きつく」と、言う意味です。ちなみに、「Wind ウインド」は風です。うちのロッドは「ワインド」です。

プロトタイプが何本か。今月に仕上がってきます。その際に、また報告をいたします。

 

関連記事

ページ上部へ戻る