ブログ

【ブログ】フィッシングダイアリー2016年5月20日①~マッディースラップ

先日の豪雨の中の釣りでつかみかけた…何か。

アフタースポーニングから回復し始めた魚がつくポジション。

もう一度、確かめてみるために、同じフィールドへと向かいます。

キーワードとなっていた、「葦」+「ガマ」の張り出し。

開始直後からポイントを絞り込んで攻めていくが、反応薄…。

しかも、葦の壁の大きな「凹み」+「シェイド」で、開始早々にグッドサイズをバラシ。

めったにバラす事がないので、原因を考えることで集中力を欠いていく。

今回使っていたのは、前回まで使っていた、「手書きトノサマガエル」ではなく、ウェイト周辺を少し変えてある「手書きアマガエル」バージョン。

その答えは「マッディースラップ」の「フック」+「ウェイト」+「ボディー」のバランスセッティング。

それが、わかったので、帰ってきてから、すぐに改良を加えた。

やっぱり、フィールドテストは重要だなぁー。ルアー作りはムツカシイ…。

 

関連記事

ページ上部へ戻る